投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ペンケース、ペンチェストに関する質疑応答(2)
  2. インクに関する質疑応答(22)
  3. 手帳や原稿用紙やメモ帳(Paper)(0)
  4. 何でも質問箱(15)
  5. 万年筆関係のイベントに関する質疑応答(0)
  6. 米国製万年筆に関する質疑応答(3)
  7. イタリア製の万年筆に関する質疑応答(11)
  8. 万年筆の修理・調整に関する質疑応答(0)
  9. セーラー製品に関する質疑応答(12)
  10. プラチナ製品に関する質疑応答(7)
  11. パイロット製品に関する質疑応答(2)
  12. Montblancに関する質疑応答(10)
  13. Pelikanに関する質疑応答(4)
  14. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全14)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 皆さま、よろしくお願いします

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 5月15日(火)23時24分28秒
返信・引用
  > No.120[元記事へ]

MBBMさん

ペントレでは楽しいお話ありがとうございました。
お時間が取れるようになりましたら、いっしょに全国の会場を回りましょう!


> 去る5月4日のペントレ両国大会に初参加させて頂き、会場内で会員登録したMBBMです。皆様、よろしくお願いします。私は、最後のアナログ世界である万年筆がとても好きです。会場で憧れの師匠様に149を調整して頂くことが出来ました。調整後の書き味の激変ぶりに感激しました。今迄、英国製をポツポツ集めているうち、149にハマってしまい、いつのまにか7本。当分続くと思います。
> 6月まで広島に単身赴任中の為、福山大会がたのしみです。
> その節は仕事中に伺う予定です。よろしくお願いします。
 

皆さま、よろしくお願いします

 投稿者:MBBM メール  投稿日:2018年 5月15日(火)13時36分18秒
返信・引用
  去る5月4日のペントレ両国大会に初参加させて頂き、会場内で会員登録したMBBMです。皆様、よろしくお願いします。私は、最後のアナログ世界である万年筆がとても好きです。会場で憧れの師匠様に149を調整して頂くことが出来ました。調整後の書き味の激変ぶりに感激しました。今迄、英国製をポツポツ集めているうち、149にハマってしまい、いつのまにか7本。当分続くと思います。
6月まで広島に単身赴任中の為、福山大会がたのしみです。
その節は仕事中に伺う予定です。よろしくお願いします。
 

Re: 第18回ペントレに参加して

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 5月 6日(日)23時56分6秒
返信・引用
  > No.118[元記事へ]

あ、100円ショップで調達した奴ですね。
私はA4のLEDフラットパネルを購入し,万年筆画講座に使おうと画策しています。



> 今回初めてしかも初日(5月3日)だけ第18回ペントレin東京に参加させていただきましたが、とても充実した一日を過ごすことができました。
>
> 中部以西のWAGNERには参加させていただいていますが、今回東京初遠征して実感したのは、師匠が書いておられるように、お子様連れの参加、若い人の参加が多かったなあ、ということです。これはおそらく万年筆&インクcafeなどのSNSの影響が大きいのではと感じています。
>
> これからも若い世代に万年筆の面白さ、楽しさを伝える場になればとも思います。趣味文の記事にもありましたが、ドイツやフランスなどでは小学生から万年筆を使う授業があり、万年筆が身近な存在になっていると思います。日本は鉛筆が基本ですが、カクノやPreppyによって小学生でも万年筆を抵抗なく受け入れる素地はできてきたと感じています。来年のペントレではお子様インクミキ・シングの構想があり楽しみです。加えて、小学生向けのカクノやPreppyを使った万年筆で文字や絵を書く時の基本講座の企画などもあれば面白くなるのではと感じています。記事にもありました寺子屋のイメージでしょうか。ペントレ初日は小学校入学前のお子様が多かったようですが、小学生連れの家族が増えるとさらに楽しくなるのではと感じました。
>
> 大人には大人の楽しみが、子供には子供の楽しみがあると思います。子供の楽しみをどう発掘するかは若いパパ、ママさんのアイデアが必要と思います。
>
> 最後に大人の楽しみとして、初日のイベントの「インスタ映えする写真講座」で某メーカーの方に紹介いただいた簡易撮影Boxを早速パクらせていただきました。撮影機材は別として、撮影Box自体の総製作費用は389円(税込)、製作時間は20分程度でした。これで結構しっかり撮れます(笑)。
>
>
 

第18回ペントレに参加して

 投稿者:dragonメール  投稿日:2018年 5月 6日(日)22時41分16秒
返信・引用
  今回初めてしかも初日(5月3日)だけ第18回ペントレin東京に参加させていただきましたが、とても充実した一日を過ごすことができました。

中部以西のWAGNERには参加させていただいていますが、今回東京初遠征して実感したのは、師匠が書いておられるように、お子様連れの参加、若い人の参加が多かったなあ、ということです。これはおそらく万年筆&インクcafeなどのSNSの影響が大きいのではと感じています。

これからも若い世代に万年筆の面白さ、楽しさを伝える場になればとも思います。趣味文の記事にもありましたが、ドイツやフランスなどでは小学生から万年筆を使う授業があり、万年筆が身近な存在になっていると思います。日本は鉛筆が基本ですが、カクノやPreppyによって小学生でも万年筆を抵抗なく受け入れる素地はできてきたと感じています。来年のペントレではお子様インクミキ・シングの構想があり楽しみです。加えて、小学生向けのカクノやPreppyを使った万年筆で文字や絵を書く時の基本講座の企画などもあれば面白くなるのではと感じています。記事にもありました寺子屋のイメージでしょうか。ペントレ初日は小学校入学前のお子様が多かったようですが、小学生連れの家族が増えるとさらに楽しくなるのではと感じました。

大人には大人の楽しみが、子供には子供の楽しみがあると思います。子供の楽しみをどう発掘するかは若いパパ、ママさんのアイデアが必要と思います。

最後に大人の楽しみとして、初日のイベントの「インスタ映えする写真講座」で某メーカーの方に紹介いただいた簡易撮影Boxを早速パクらせていただきました。撮影機材は別として、撮影Box自体の総製作費用は389円(税込)、製作時間は20分程度でした。これで結構しっかり撮れます(笑)。

 

どちらが多いか?

 投稿者:London Brahmin メール  投稿日:2018年 5月 3日(木)07時49分3秒
返信・引用
  万年筆の世界で、所有しているのはどちらが多いか?
がよく話題になるかと思います。
万年筆マニアの方の、万年筆以外の嗜好も、意外に面白いのではないかな? と思いました。
ちなみに、私は、、、

モンブランよりペリカンの方が本数が多い。
ロレックスよりオメガの方が本数が多い。
ギブソンよりフェンダーの方が本数が多い。
イタリア製スーツよりイギリス製スーツの方が数が多い。
トヨタ、日産車よりホンダ、マツダ車の方が多い。
ジョンロブよりエドワード・グリーンの方が数が多い。
Windows より Macintosh の方が多い。
Panasonic よりも Sony の方が多い。
Bose よりも JBL の方が多い。

な、感じです。

大金持ちさんは
ロールスロイスよりベントレーが、
とか
メルセデスよりジャガーが、
になるのでしょうか?

φ(´・_・`)
 

Re: (無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 5月 2日(水)10時33分49秒
返信・引用
  > No.115[元記事へ]

こんなのもありました。
「<動画>包丁を筆代わりに書道 「90後」若者の得技 重慶」
http://j.people.com.cn/n/2015/0929/c94689-8956857.html

「竹」は書というより絵画のようでもあります。
濃淡をつけながら描くという書法。昔、縁日で見た「一筆龍」、「一筆蛇」を思い出しました。

「京都一筆龍 【春夏秋冬】Hitohuderyu」
https://www.youtube.com/watch?v=3uh2tx_cMtQ

> うーん! 超絶Italicですね。包丁を二枚重ねればPilotのレベルペンのようになってさらにおもしろいかも?
 

Re: (無題)

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 4月24日(火)08時00分17秒
返信・引用
  > No.114[元記事へ]

> 皆様
>
> 「万年筆は刃物」という言葉を思い出しました。
>
> 「板前か…書道家が生み出した超絶技巧」
> https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p9146eca1c3f65cad92ba28aba1237c84
>

うーん! 超絶Italicですね。包丁を二枚重ねればPilotのレベルペンのようになってさらにおもしろいかも?
 

(無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 4月23日(月)12時42分9秒
返信・引用
  皆様

「万年筆は刃物」という言葉を思い出しました。

「板前か…書道家が生み出した超絶技巧」
https://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p9146eca1c3f65cad92ba28aba1237c84
 

Re: (無題)

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 4月20日(金)08時09分55秒
返信・引用
  > No.112[元記事へ]

今回の主題は国産の比較的新しいものがどのようにソフト感を出すために工夫しているかの調査です。

参考資料としてステノグラフとM1000を写真撮影する予定です。

特に筆圧をかけるとペン先が横に開くタイプか、上に反るタイプかを分類したいわけです。
#600とM400の比較は面白そうなので検討します。


> 師匠
>
> 柔らかいニブには興味がありますので、三島大会で話題にされるという「ソフトニブ」についてお伺いします。
>
> (1)ウォーターマン、オノト、スワン等のヴィンテージには柔らかいものが多くありますが、それらは今回の対象ではないのでしょうか?
> (2)ペリカンのステノグラフがソフト、ということですが、細い字を適当な弾力で快適にかけるニブだとは思いますが、ソフトと感じたことはあまりありません。ペリカンでソフトと言いますと、むしろ、#500や#600の「淫らな書き味」と呼ばれるものが思い出されるのですが、それも今回の対象ではないのでしょうか?
>
> 以上
 

(無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 4月20日(金)02時52分41秒
返信・引用
  師匠

柔らかいニブには興味がありますので、三島大会で話題にされるという「ソフトニブ」についてお伺いします。

(1)ウォーターマン、オノト、スワン等のヴィンテージには柔らかいものが多くありますが、それらは今回の対象ではないのでしょうか?
(2)ペリカンのステノグラフがソフト、ということですが、細い字を適当な弾力で快適にかけるニブだとは思いますが、ソフトと感じたことはあまりありません。ペリカンでソフトと言いますと、むしろ、#500や#600の「淫らな書き味」と呼ばれるものが思い出されるのですが、それも今回の対象ではないのでしょうか?

以上
 

Re: ペリカンの定価は?

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 4月17日(火)00時05分9秒
返信・引用
  > No.110[元記事へ]

師匠、ありがとうございます。

「日本輸入筆記具協会」ですか。

それにしても、ペリカンが自社のサイトで価格情報を発信しないのはなぜなんですかねぇ。

 

Re: ペリカンの定価は?

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 4月16日(月)23時19分55秒
返信・引用
  > No.109[元記事へ]

http://www.ebis.co.jp/mochizuki/ebook/pencatalogue/HTML5/pc.html#/page/1

が輸入筆記具カタログの頁です。




> ペリカン万年筆の定価を知りたくて公式サイトの製品情報にアクセスしたのですが、サイズと重量のデータしか見つけられませんでした。私の探し方が悪いのか、サイトのポリシーとして価格は載せていないのか、事情を御存知の方があれば教えて下さい。
>
> https://www.pelikan.com
>
> 伊東屋さんのページには価格あるんですけどねえ。
 

ペリカンの定価は?

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 4月16日(月)20時26分7秒
返信・引用
  ペリカン万年筆の定価を知りたくて公式サイトの製品情報にアクセスしたのですが、サイズと重量のデータしか見つけられませんでした。私の探し方が悪いのか、サイトのポリシーとして価格は載せていないのか、事情を御存知の方があれば教えて下さい。

https://www.pelikan.com

伊東屋さんのページには価格あるんですけどねえ。
 

Re: (無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 3月 9日(金)14時22分38秒
返信・引用
  > No.103[元記事へ]

全くの想像ですが、当時の携帯筆記具の矢立よりは便利くらいのものだったんじゃないんですかね。矢立の墨壺も中は墨汁を染み込ませた綿を入れていたそうですから、筆と矢立の墨壺の一体化。万年筆とは言え墨の分量もせいぜい一日もてばよいくらい。のものじゃなかったのかと。

> 竹の筒だと、そのうち墨がにじみ出してきそうだけど、大丈夫だったのかなぁ?竹は乾燥すると割れるし。
> 青銅の筒の方が理に適ってますね。

 

Re: (無題)

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 3月 8日(木)13時26分27秒
返信・引用
  > No.102[元記事へ]

竹の筒だと、そのうち墨がにじみ出してきそうだけど、大丈夫だったのかなぁ?竹は乾燥すると割れるし。
青銅の筒の方が理に適ってますね。


> 「万年筆」ではないですが、西鶴よりもかなり時代は下った1823年に発明されたという「御懐中筆」というのもあるようです。これならどこかの博物館にありそうです。「綿が詰め込まれた青銅製の軸に筆の穂先が取り付けられた筆記具」とあります。鉄砲鍛冶だから青銅だったのでしょうが、西鶴の「万年筆」は竹の筒だったのかもです。
>
> 元記事:「万年筆の基礎知識」
> http://www.sumi-ri.com/penkisotisiki.htm
>
> > アイドロッパー方式で、筆の奥に墨タンクがついていたのかな?
> >
> > でもそれじゃ墨が漏れるか・・・どうなっているのかなぁ?
 

Re: (無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 3月 8日(木)08時44分18秒
返信・引用
  「万年筆」ではないですが、西鶴よりもかなり時代は下った1823年に発明されたという「御懐中筆」というのもあるようです。これならどこかの博物館にありそうです。「綿が詰め込まれた青銅製の軸に筆の穂先が取り付けられた筆記具」とあります。鉄砲鍛冶だから青銅だったのでしょうが、西鶴の「万年筆」は竹の筒だったのかもです。

元記事:「万年筆の基礎知識」
http://www.sumi-ri.com/penkisotisiki.htm

> アイドロッパー方式で、筆の奥に墨タンクがついていたのかな?
>
> でもそれじゃ墨が漏れるか・・・どうなっているのかなぁ?
 

Re: (無題)

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 3月 6日(火)22時46分3秒
返信・引用
  > No.99[元記事へ]

アイドロッパー方式で、筆の奥に墨タンクがついていたのかな?

でもそれじゃ墨が漏れるか・・・どうなっているのかなぁ?
 

Re: (無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 3月 6日(火)21時44分12秒
返信・引用
  > No.97[元記事へ]

「万年筆」平凡社カラー新書、梅田晴夫 によりますと、漱石をはじめ、明治期は「まんねんふで」と読んでいたようですね。
さらに、「万年筆」という言葉自体は江戸時代の井原西鶴の作品の中に現れるとのこと。どんなものを指して言ったのか知りたいところです。

> 「泉筆(泉の様に墨が湧き出る筆)」vs「万年筆(万年までも書き続けられる筆)」
> 江戸時代を引きずる明治の頃は、外来語(文化)をひとまず日本語に置き換える時代。
> 正岡子規が訳した「野球」も然り。
> 当時の人々が「泉筆」と「万年筆」どちらにフィーリングを覚えたかにもよるのかも知れませんね。
>
> 他方現代は外来語をそのまま受け入れ、更に自分のものにする時代。
> 「Ballpoint Pen」をボールペンと呼ぶような。
> 現代の感覚で「Fountain Pen」を訳すとしたら、「ファウンペン」などと呼んでいたかも知れません。
> そう考えると、言葉って、面白いものですね。
>
> > fountain penを直訳して「泉筆」とは素直ですよね。これががそんなに普及しないうちにどうして「萬年筆」になったのかと最初は疑問に思いました。「せんぴつ」という読み方が悪かったんですかね。「せんぴつ」を初めて聞いた人には「染筆」、「選筆」、「尖筆」、「線筆」等、いろんな言葉が連想されてしまう。
> > その点、「まんねんふで」あるいは「まんねんひつ」なら、今までにない新しい言葉だと誰にも分かりますからね。
> > 「いずみふで」とは読まなかったのかな?
> >
> > そういえば、江戸っ子の友人からのメールに「万年質」と書いてあって驚いたことがありました。
> >
> > > fountain pen を 泉筆と訳したのは誰かはわかりません。
> > >
> > > stylographic pen のことを 針先泉筆 として丸善で売られていたようです。
> > >
> > > ちなみに、泉筆 でググると、泉筆五宝展関連が上の方に来ます。
> > >
> > > > 春の泉筆五宝展に行ってきました。
> > > > 結構盛り上がりましたね。
> > > >
> > > > ところで私、泉筆五宝の泉が何を差すのかわからなかった。
> > > > 泉ってなんだろう?人名?とか思っていました。
> > > > そしたら、泉筆はファウンテンペンを意味していたんですね。
> > > > ファウンテンペン=万年筆と決めつけていたから気が付きませんでした。
 

Re: (無題)

 投稿者:MB439メール  投稿日:2018年 2月25日(日)20時31分5秒
返信・引用
  > No.95[元記事へ]

「泉筆(泉の様に墨が湧き出る筆)」vs「万年筆(万年までも書き続けられる筆)」
江戸時代を引きずる明治の頃は、外来語(文化)をひとまず日本語に置き換える時代。
正岡子規が訳した「野球」も然り。
当時の人々が「泉筆」と「万年筆」どちらにフィーリングを覚えたかにもよるのかも知れませんね。

他方現代は外来語をそのまま受け入れ、更に自分のものにする時代。
「Ballpoint Pen」をボールペンと呼ぶような。
現代の感覚で「Fountain Pen」を訳すとしたら、「ファウンペン」などと呼んでいたかも知れません。
そう考えると、言葉って、面白いものですね。

> fountain penを直訳して「泉筆」とは素直ですよね。これががそんなに普及しないうちにどうして「萬年筆」になったのかと最初は疑問に思いました。「せんぴつ」という読み方が悪かったんですかね。「せんぴつ」を初めて聞いた人には「染筆」、「選筆」、「尖筆」、「線筆」等、いろんな言葉が連想されてしまう。
> その点、「まんねんふで」あるいは「まんねんひつ」なら、今までにない新しい言葉だと誰にも分かりますからね。
> 「いずみふで」とは読まなかったのかな?
>
> そういえば、江戸っ子の友人からのメールに「万年質」と書いてあって驚いたことがありました。
>
> > fountain pen を 泉筆と訳したのは誰かはわかりません。
> >
> > stylographic pen のことを 針先泉筆 として丸善で売られていたようです。
> >
> > ちなみに、泉筆 でググると、泉筆五宝展関連が上の方に来ます。
> >
> > > 春の泉筆五宝展に行ってきました。
> > > 結構盛り上がりましたね。
> > >
> > > ところで私、泉筆五宝の泉が何を差すのかわからなかった。
> > > 泉ってなんだろう?人名?とか思っていました。
> > > そしたら、泉筆はファウンテンペンを意味していたんですね。
> > > ファウンテンペン=万年筆と決めつけていたから気が付きませんでした。
 

Re: (無題)

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 2月24日(土)12時56分32秒
返信・引用
  > No.93[元記事へ]

fountain penを直訳して「泉筆」とは素直ですよね。これががそんなに普及しないうちにどうして「萬年筆」になったのかと最初は疑問に思いました。「せんぴつ」という読み方が悪かったんですかね。「せんぴつ」を初めて聞いた人には「染筆」、「選筆」、「尖筆」、「線筆」等、いろんな言葉が連想されてしまう。
その点、「まんねんふで」あるいは「まんねんひつ」なら、今までにない新しい言葉だと誰にも分かりますからね。
「いずみふで」とは読まなかったのかな?

そういえば、江戸っ子の友人からのメールに「万年質」と書いてあって驚いたことがありました。

> fountain pen を 泉筆と訳したのは誰かはわかりません。
>
> stylographic pen のことを 針先泉筆 として丸善で売られていたようです。
>
> ちなみに、泉筆 でググると、泉筆五宝展関連が上の方に来ます。
>
> > 春の泉筆五宝展に行ってきました。
> > 結構盛り上がりましたね。
> >
> > ところで私、泉筆五宝の泉が何を差すのかわからなかった。
> > 泉ってなんだろう?人名?とか思っていました。
> > そしたら、泉筆はファウンテンペンを意味していたんですね。
> > ファウンテンペン=万年筆と決めつけていたから気が付きませんでした。
 

Re: (無題)

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 2月22日(木)19時14分31秒
返信・引用
  > No.92[元記事へ]

fountain pen を 泉筆と訳したのは誰かはわかりません。

stylographic pen のことを 針先泉筆 として丸善で売られていたようです。

ちなみに、泉筆 でググると、泉筆五宝展関連が上の方に来ます。

> 春の泉筆五宝展に行ってきました。
> 結構盛り上がりましたね。
>
> ところで私、泉筆五宝の泉が何を差すのかわからなかった。
> 泉ってなんだろう?人名?とか思っていました。
> そしたら、泉筆はファウンテンペンを意味していたんですね。
> ファウンテンペン=万年筆と決めつけていたから気が付きませんでした。
 

(無題)

 投稿者:こふ  投稿日:2018年 2月20日(火)12時52分9秒
返信・引用 編集済
  春の泉筆五宝展に行ってきました。
結構盛り上がりましたね。

ところで私、泉筆五宝の泉が何を差すのかわからなかった。
泉ってなんだろう?人名?とか思っていました。
そしたら、泉筆はファウンテンペンを意味していたんですね。
ファウンテンペン=万年筆と決めつけていたから気が付きませんでした。
 

「泉筆五宝」について

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 2月17日(土)18時34分12秒
返信・引用
  泉筆五宝展は泉筆五宝に全般に関する市場です。当然販売もあれば、イベントもあれば、ペンクリもある。はたまた実験もある。
ま、何でもありなわけです。さほど厳しい定義はしていません。
 

Re: 「泉筆五宝」について

 投稿者:MB439メール  投稿日:2018年 2月16日(金)23時07分25秒
返信・引用
  > No.80[元記事へ]

「泉筆五宝展」は普段の定例会とは異なり、萬年筆ユーザーの裾野の広いイベントと理解しております。当然萬年筆に対する知識の度合もそれぞれと思います。
萬年筆は、調整を受けることにより劇的に書き味が改善するものですが、それをご存知ない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。また個人でできるメンテナンス(ペン先の洗浄方法やその効果)も重要です。これら知識や経験を持ち帰って頂いて、快適に萬年筆を使える環境を整えることも宝の一つになろうかと思います。
他方、ある程度ご自分でメンテナンスをなさる方には用品の紹介も不可欠なものだと思います。
メンテナンスに対するラチチュードの広いイベントになれば、と期待します。

> 「泉筆五宝」はPPCIM。最後のMはMaintenanceとのこと。
> 最初この言葉をお聞きした時に、Mだけがちょっと異質な感じがしました。Pen,Paper,Case,Inkと4つまでは物ですが、Maintenanceとは、保守作業、調整作業と理解したからです。
> 万年筆を使うにあたっては保守、調整作業が重要なんだ、という思いが込められているものとその場では理解いたしました。師匠をはじめ、修理・調整をして下さる方々も、「宝」の1つだと。
> 一方、師匠のブログにも、Mを調整道具、とされている箇所もあり、今回のHPでは「泉筆五宝」の英語訳として、5items around fountain penとなっており、Mは「メンテナンス用品」となっています。
> 私自身は、自分では大したことはできないので、メンテナンスに関してはほとんど調整師の方々にお世話になっております。そのため、「メンテナンス用品」自体にはあまり関心はありません。
> Mをメンテナンスそのもの、とするかメンテナンス用品とするかでは、大きな違いがあるようにも思えます。
>
> 「どっちだっていいんじゃない」というご意見もあろうかと思いますが、皆様のご意見・理解を伺いたいと思いました。
>
> 以上
 

「泉筆五宝」について

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 2月16日(金)16時57分51秒
返信・引用
  「泉筆五宝」はPPCIM。最後のMはMaintenanceとのこと。
最初この言葉をお聞きした時に、Mだけがちょっと異質な感じがしました。Pen,Paper,Case,Inkと4つまでは物ですが、Maintenanceとは、保守作業、調整作業と理解したからです。
万年筆を使うにあたっては保守、調整作業が重要なんだ、という思いが込められているものとその場では理解いたしました。師匠をはじめ、修理・調整をして下さる方々も、「宝」の1つだと。
一方、師匠のブログにも、Mを調整道具、とされている箇所もあり、今回のHPでは「泉筆五宝」の英語訳として、5items around fountain penとなっており、Mは「メンテナンス用品」となっています。
私自身は、自分では大したことはできないので、メンテナンスに関してはほとんど調整師の方々にお世話になっております。そのため、「メンテナンス用品」自体にはあまり関心はありません。
Mをメンテナンスそのもの、とするかメンテナンス用品とするかでは、大きな違いがあるようにも思えます。

「どっちだっていいんじゃない」というご意見もあろうかと思いますが、皆様のご意見・理解を伺いたいと思いました。

以上
 

Re: WAGNER限定万年筆のSenatorにつき

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 2月 2日(金)11時10分22秒
返信・引用
  > No.57[元記事へ]

Senatorのピストンは首軸ユニットを外して清掃すると、元にもどすのが難儀です。
まっすぐにピンセットで押し込みながら回転するピストン軸に弁ユニットをからませる必要があります。
早ければ数秒、長いと10分くらいかかります。ま、直りますがね。


> お師匠様
> WAGNER限定万年筆のSenatorにつきご質問です.
> 年末に洗浄をしたのですがピストンが動きません.
> 以前,このモデルはニブユニットを外したらピストンに触れてはいけないと注意されていた記憶がありますが,
> よく理解できていません.何本か洗浄したのですが,これも外したような気もします.
> 次回の東北大会で診ていただきたく存じますが,修理の場合は部品交換が必要でしょうか?
> (Senatorはもう一本ありますので,ニコイチでしのぐ手もあるかと思いますので,)
> ご教示よろしくお願いいたします.
>
> 追記:
> スレッドに『WAGNER限定万年筆』の項目があると便利,かもしれませんね.
>
 

WAGNER限定万年筆のSenatorにつき

 投稿者:継蓬メール  投稿日:2018年 1月31日(水)09時27分36秒
返信・引用
  お師匠様
WAGNER限定万年筆のSenatorにつきご質問です.
年末に洗浄をしたのですがピストンが動きません.
以前,このモデルはニブユニットを外したらピストンに触れてはいけないと注意されていた記憶がありますが,
よく理解できていません.何本か洗浄したのですが,これも外したような気もします.
次回の東北大会で診ていただきたく存じますが,修理の場合は部品交換が必要でしょうか?
(Senatorはもう一本ありますので,ニコイチでしのぐ手もあるかと思いますので,)
ご教示よろしくお願いいたします.

追記:
スレッドに『WAGNER限定万年筆』の項目があると便利,かもしれませんね.
 

Re: 画像 残存

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 1月16日(火)09時10分36秒
返信・引用
  > No.28[元記事へ]

> 紙様
> お疲れ様です。
>
> Chromeのキャッシュをクリアしてみたらどうでしょうか?
> やり方は「chrome キャッシュ クリア」等でググって下さい。
>

Black Watchさん

ありがとうございます。キャッシュの画像をクリアしたらちゃんとなりました!
 

Re: 画像 残存

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 1月16日(火)00時36分23秒
返信・引用
  > No.25[元記事へ]

紙様
お疲れ様です。

Chromeのキャッシュをクリアしてみたらどうでしょうか?
やり方は「chrome キャッシュ クリア」等でググって下さい。

> ご迷惑をかけて すみません。
> PCには詳しくないのですが
> 次のような事情と推測されます。
>
> 上の画像 Internet Explorer エトルリア
>
> 下の画像 Google Chrome   パイロット スーパーU (クリックするとエトルリア)
> 自分が削除したはずの画像が残存している。
>
>
>
 

Re: 愛用の1本

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 1月14日(日)23時33分58秒
返信・引用
  > No.23[元記事へ]

> > 愛用の一本の画像が紙様が投稿した画像になってますね。
> >
> > 投稿の際、内容と書かれた入力枠の横に、入力補助と画像・ファイルと書かれたタブがありますので、この画像・ファイルタブを押して、画像をファイル1~3に入力してください。
>
> えーっと、今表示されている画像は、私が昨晩投稿したものですが?

画像をクリックしたらエトルリアになりました。

なにかゴミが私のところに残っているのかも?
 

Re: 愛用の1本

 投稿者:快ショク快ペンメール  投稿日:2018年 1月14日(日)12時18分48秒
返信・引用
  > No.22[元記事へ]

> 愛用の一本の画像が紙様が投稿した画像になってますね。
>
> 投稿の際、内容と書かれた入力枠の横に、入力補助と画像・ファイルと書かれたタブがありますので、この画像・ファイルタブを押して、画像をファイル1~3に入力してください。

えーっと、今表示されている画像は、私が昨晩投稿したものですが?
 

Re: 愛用の1本

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 1月14日(日)04時34分43秒
返信・引用
  > No.17[元記事へ]

愛用の一本の画像が紙様が投稿した画像になってますね。

投稿の際、内容と書かれた入力枠の横に、入力補助と画像・ファイルと書かれたタブがありますので、この画像・ファイルタブを押して、画像をファイル1~3に入力してください。
 

愛用の1本

 投稿者:快ショク快ペンメール  投稿日:2018年 1月13日(土)22時58分26秒
返信・引用
  新年会に参加できないので愛用の万年筆を紹介?(自慢かなぁ)させていただきます。
毎年のようにアンケートで答えている「スティピュラのエトルリア(ブルーブラック)」です。この万年筆は2本目です。1本目は購入して2年目に旅先で失くし、その後は、なかなか出会えなかったのですが、趣味の文具箱NO16のレモン社の広告に中古委託品で紹介されているのを見て、仕事を休んでレモン社へ走りました。その後、定例会で師匠にメモ書きがしやすいように、ペン先をグラインダーでM字からF字幅へ削ってもらい、筆記角度にも自由度を出しもらいました。
この万年筆はペリカンのブルーブラックを入れて、手帳や仕事のメモ書きに毎日使い続けています。デブペンケースに入れて何所へでもお供してもらっていますが、インク漏れなどのトラブルはなく、イタリア万年筆らしくない活躍です。
私はこの万年筆のスターリングシルバーのクリップ、キャップリングの彫りとブルーブラックのセルロイドボディの組み合わせがお気に入りです。同じエトルリアの他のモデルも所有していますが、それほど心躍るものではありません。気に入って持ち歩いているので、また失くすこともあるかと思い、eBayで3本目もキープしました。
なかなか定例会などに参加できませんが、万年筆ライフをいつも楽しんでいます。
 

Re: インプレ広場

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 1月12日(金)00時01分35秒
返信・引用
  > No.6[元記事へ]

> 談話室という響きが昭和風で好きです。以前よく投稿したインプレ広場のような使い方は、可能ですか?

もちろん、画像も添付できますので。

場は設けましたので、使い方はご自由に!   というところです。

Blogやfacebookは記事が流れてしまうので、カテゴリー毎に見やすく整理したいというのがこれを作った理由です。

http://pelikan.livedoor.biz/

 

インプレ広場

 投稿者:快ショク快ペンメール  投稿日:2018年 1月11日(木)21時20分27秒
返信・引用
  談話室という響きが昭和風で好きです。以前よく投稿したインプレ広場のような使い方は、可能ですか?  

Re: 「インクに関する質疑応答」

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 1月11日(木)01時01分59秒
返信・引用
  > No.2[元記事へ]

> 師匠。お疲れさまです。
> 「インクに関する質疑応答」がパスワードかかっている理由はなんでしょうか?
> 「萬年筆談話室」では、「投稿者」はハンドル名でいいのでしょうか?
> 「萬年筆談話室連絡箱」の「お名前」もハンドル名でいいのでしょうか?

Black Watchさん

インクに関する質疑応答にパスワードがかかっていたのは設定ミスでした。失礼しました。

萬年筆談話室掲示板はハンドル名で結構です。

萬年筆談話室連絡箱は個人的な情報交換なので可能であれば本名でお願いします。

http://pelikan.livedoor.biz/

 

「インクに関する質疑応答」

 投稿者:Black Watch  投稿日:2018年 1月11日(木)00時26分10秒
返信・引用
  師匠。お疲れさまです。
「インクに関する質疑応答」がパスワードかかっている理由はなんでしょうか?
「萬年筆談話室」では、「投稿者」はハンドル名でいいのでしょうか?
「萬年筆談話室連絡箱」の「お名前」もハンドル名でいいのでしょうか?
 

萬年筆談話室の説明

 投稿者:たこ吉メール  投稿日:2018年 1月10日(水)22時23分34秒
返信・引用 編集済
  Blogでは、対話形式の議論やグループで突き詰めるような話題、はたまた、くだらないジョークといったものを書き込みにくい状況かなぁ?と思います。

といってfacebookでは投稿の波の中で対象の記事を見つけるのも難儀です。

そこで、昔ながらの teacupの掲示板を使って議論の記録を残せないかなと考え設定してみました。

一応スレッドは作ってありますが、もし別立てで作りたいスレッドがありましたら、この掲示板に書き込んで下さい。

すぐに新しいスレッドを立ち上げます。

ちなみに投稿は承認制です。当方で内容を確認した上、誤字脱字等を可能な範囲で直してから投稿が見えるようになります。

また自分が書いた記事は自由に編集したり削除したり出来ます。

みんなで助け合いながら疑問を解消していきましょうね。

http://pelikan.livedoor.biz/

 

/1